~使用注意!? 入浴剤について~

query_builder 2024/04/14
ブログ
nyuuyokuzai_bath_14354-768x630

ミヤコガスのブログをご覧いただきありがとうございます。


以前のブログにて給湯器の循環式・高温水供給方式の追い焚きについて解説をさせていただきました。 今回はその追い焚き機能付きの給湯器をご使用中のお客様へ、追い焚き時に使ってしまうとダメな入浴剤のお話になります。

2bf12436f495936b5c48953fc0d9178e_w

入浴剤はどのようなものを使用されていますでしょうか?

お湯の色が変化して香り・成分などが様々なものがある中で、実は給湯器や配管にダメージを与えてしまうものがあります。


どのような症状につながるのか、使う上での注意点も合わせてご案内します


「硫黄」

まず代表的な成分として「硫黄」の成分が入った入浴剤になります。

硫黄が入ったお湯は白濁し、まさに温泉に来ている気分を体験できるのですが、この硫黄が給湯器や追い焚きの配管を腐食させてしまうので追い焚きをしてはダメです。

この他に配管へ影響を与えてしまう成分として、「酸性」「アルカリ性」「塩分」などの成分は給湯器配管を痛めてしまう原因になってしまいます。




「酸化チタン」

次は「にごり湯」の入浴剤です。

この入浴剤は「酸化チタン」と呼ばれるチタン鉱石由来の成分が入っており、配管劣化や沈殿してフィルター詰まりに繋がることがあります。

入浴剤とは別ですが、フィルター詰まりに繋がる入浴の仕方として、花びらを入れた入浴や泡風呂もあげられます。




「炭酸成分」

皆さんが使われたことがよくある有名な入浴剤で、「発泡性」の入浴剤があります。

お湯に入れるとシュワシュワと泡が出てきて、小さくなっていくこの入浴剤には炭酸ガスが発生する為、給湯器との循環追い焚きの配管に入ってしまい正常に動作しなくなる可能性があります。




「食物」

最後に食物を使った入浴です。代表的のものですと冬至の日によく行われる「ゆず湯」です。

ゆず湯のような食品を使った入浴の際は、追い焚きを行わない以外に入浴後のお手入れが重要となっています。

入浴後のお手入れをしっかりと行わないと、微生物・雑菌の栄養となりカビにもつながりますので、浴槽だけではなくお湯が出てくるアダプターの掃除も念入りに行ってください。

Tub-cleaning

これらの入浴剤などについて絶対に使用してはダメというわけではありません。 入浴剤のパッケージに「配管を痛めません」と書かれている入浴剤は使うことが可能です。

また、給湯器の取扱説明書に使用可能な入浴剤の案内が掲載されています。メーカーの公式サイトにも掲載されていますのでご覧になってください。



共通してやってはダメなことが、入浴剤を入れたお湯を追い焚きすることです。 追い焚きをしてしまうと、配管内部・給湯器内部に入浴剤が入ってしまうので、お手入れすることができません。


入浴剤で快適に入浴した後は、お掃除を念入りに行ってください。



以上、yamaでした!


京都/長岡京市で給湯器交換を考えている方は、下記リンクからお問い合わせください!

お問い合わせはこちら





インスタグラムにて施工事例等の投稿を行っています。キャンペーン情報の発信なども行っていますので、下記リンクからフォローお願いします!

京都/ミヤコガス(@miyako_gas) • Instagram



NEW

  • 夏休みリフォームフェア開催決定!!   2024/08/03(土).04(日)

    query_builder 2024/06/19
  • ~給湯器の水漏れ対応~

    query_builder 2024/07/03
  • ~給湯器交換のオプション部材について~

    query_builder 2024/07/01
  • ~給湯器交換のタイミング~

    query_builder 2024/05/28
  • ~レンジフード交換~

    query_builder 2024/05/24

CATEGORY

ARCHIVE