~給湯器交換のタイミング~

query_builder 2024/05/28
ブログ
給湯器 内部

ミヤコガスのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


今回は給湯器の交換のタイミングに関するお話になります。


給湯器の耐用年数は10年程と言われており、ご家族の人数や使用量・頻度により年数が前後してきます。

今まで交換させて頂いたお客様の中には10年に限らず給湯器を15年以上使用して交換・7年ほどで調子が悪くなり交換といったように、決まった年数がありません。


10年近くご使用されている方は、調子が悪くなる前に交換もしくはお見積りを行ってどのくらいの予算が必要になるか事前に知っていただくと良いと思われますが、実際に給湯器交換をする時は調子が悪くなった時に見積・交換していくケースが数多くございます。

給湯器が動かなくなってすぐに交換したくても業者が見つけられない・商品がすぐに用意できない…といった事になる前に、給湯器交換を検討するべき合図がありますので、そちらをご紹介いたします。

【リモコンにエラーコードが表示される】

「888」・「88」のエラーコードは点検時期のお知らせになります。一定の使用期間が経過したかそれと同等する使用回数になった場合に表示されますので表示された場合は点検もしくは交換のタイミングになります。

この他にもリモコンに2〜3桁で作られたエラーコードが表示されます。

「111」・「11」は点火不良となっており、メーカーごとに違いがあったりします。

誤作動等の場合、電源を入れ直すことで復旧することもありますが、頻繁に表示される場合は故障の可能性が高くなりますのでお気軽にご相談ください。

【給湯器本体の排気口に煤がついている 】

給湯器の排気口あたりに黒い煤(すす)がついている場合、給湯器が不完全燃焼を起こしているサインになります。

一酸化炭素中毒の恐れや火災につながる可能性もあり大変危険です。使用するのを中止して給湯器交換を行ってください。

【お湯の温度が安定しない】

設定温度を変更していないのに温度が安定しない場合、給湯器の部品が経年劣化しており故障していると考えられます。 この場合ですと、温度調節センサーが故障している可能性がありますので温度調整をして 改善されない場合は、修理の依頼もしくは給湯器の交換をおすすめします。

修理の場合、交換できる部品がメーカーに残っていないことがあります。10年以上前の製品ですと、部品がないことがありますので、給湯器の交換の可能性が高くなると思われます。

【追い焚きができない】

給湯器が壊れる前兆として、追い焚きができない、もしくは追い焚きが停止する症状があります。 給湯器部品の異常や浴槽の循環金具に汚れが詰まっている事などが原因になり、経年劣化による故障も疑われますので修理もしくは給湯器の交換になります。

【お湯はりの量が安定しない】

湯はりの量が安定しない場合、測定するための部品が壊れている可能性があります。 設定していた湯量より少ない・多い・溢れるといった症状が出た時は、給湯器が故障する合図になるのでお早めにご相談ください。

【お湯が温かくならない・ぬるい】

お湯が温かくならない、ぬるいお湯が出るといった場合、給湯器内で作られた熱いお湯と水を混ぜる部品が壊れている可能性がありますので修理もしくは給湯器交換となります。






この他にも様々な症状がありますので、いつもとお湯の感じが違う・給湯器の動き方が変などといったことが何度も起き始めてきた場合は、お気軽にミヤコガスにご相談ください!



以上、yamaでした!



京都/長岡京市で給湯器交換はミヤコガスへ

お問い合わせはこちらをクリック



インスタグラムにて施工事例・キャンペーンのお知らせも行っています。

アカウントをお持ちの方はフォローお願いします!

インスタグラムはこちらをクリック

NEW

  • ~給湯器交換のタイミング~

    query_builder 2024/05/28
  • ~レンジフード交換~

    query_builder 2024/05/24
  • ~フェイシスグランド~

    query_builder 2024/05/22
  • ~電気温水器→エコキュート交換~

    query_builder 2024/05/20
  • ~給湯器の選び方~

    query_builder 2024/05/18

CATEGORY

ARCHIVE